目次

水虫は手にもできるの?症状と治療法

水虫は白癬菌というカビが皮膚の角質や皮下組織を浸食する事で炎症などを起こす感染症の事をいいます。
白癬菌は人の角質や髪、爪などに含まれるケラチンというタンパク質を好み栄養源としていて、多数の種類があり、土壌に宿る土壌好性菌と動物に宿る動物好性菌、そしてヒトに宿るヒト好性菌に分けられます。
この中のヒト好性菌がヒトからヒトに感染する事で水虫という症状になります。

水虫というと一般的には足に起こる足白癬が有名で9割近くが足への感染と言われています。
それは足が一日中靴や靴下を履く事で蒸れやすく菌が繁殖するのに最適な高温多湿の環境になりやすいからです。

しかしまれにこの白癬菌が手に感染、繁殖して手白癬という手の水虫になる場合や爪に感染して爪水虫になる事があります。
手にできる水虫は手のひらに現れる事が多く、カサカサしたり、ひび割れて皮膚が剥がれ落ちたり、水ぶくれができたりと手荒れや手湿疹に似た症状が特徴です。
水虫か手荒れや湿疹かの違いについては、片手だけに発症していたり、痒みがなかったり、手の一部だけの症状から徐々に広がっていく事で見分ける事ができます。

また、水虫は症状によって「趾間型」「小水疱型」「角質増殖型」に分けられ、「趾間型」は指と指の間の皮膚が白濁して水疱ができるのが特徴です。
また「小水疱型」は手のひらに小さな水疱がいくつもできるのが特徴で、「角質増殖型」になると手のひら全体の角質が硬くなり、白く乾燥した皮膚がぼろぼろと剥けてくるようになります。

治療法としては「趾間型」「小水疱型」の治療法は塗り薬が効果的で、使用する際は患部を石けんでよく洗ってから塗り込むようにしましょう。
「角質増殖型」ではスプレータイプの薬が効果的で、皮膚が厚くなって薬が効きにくくなっているのでお風呂上がりで皮膚がふやけている時に使用してください。
いずれもまずは自己判断はせず病院へ行き、医師の指示を得てから適切な治療を行うのが早期治療のポイントです。

手水虫は他人に感染する前に病院に行きましょう

手水虫は手荒れや湿疹と勘違いしやすく、水虫を発症している自覚が少ないため治療が遅れてしまう可能性が高くなります。
手がかさかさするだけで特に痒みも痛みもなければわざわざ病院へ行かないという人が多いのは致し方ないところでもあるでしょう。

しかし手水虫は足にできる水虫と同様に感染する病気です。
自覚のないまま放置していると、悪化するだけでなく他人にも感染させてしまいかねません。
特に気づかずに悪化してしまうとそれだけ完治するのに時間や費用がかかりますし、爪水虫といったさらに厄介な症状を引き起こす可能性も出てきます。
そうなると感染させてしまうリスクも高くなるので、このような事態にならないためにも手水虫の症状を把握し、もしかしたらと思った時点で適切な処置を行いましょう。

とはいえ水虫で病院へ行く事は恥ずかしい、面倒だとためらってしまう人も少なくないはずです。
まずは薬局で薬を購入して治療を試みるのも一つの方法ですが、基本的に自己判断となってしまうので、場合によっては効果が得られなかったり、長期間の治療となり余計に費用がかかってしまうというケースもあります。
それだけにきちんと病院で診察してもらう事が最も望ましいと言えるでしょう。

足に比べて手水虫を発症する事はまれですが、一度発症すると再発しやすく完治が難しいものでもあります。
さらに生活を共にする家族には特に感染しやすいので、知らず知らずのうちに家族にも感染させてしまった場合、自分だけ完治してもまた家族から感染してしまう、という悪循環が延々と続く可能性も出てきます。
手荒れや湿疹がなかなか治らないといった症状がある場合は、早い段階で病院で診察を受け、他人にも感染させないように配慮しましょう。